子猫用キャットフードから大人用キャットフードにはいつ変えればよいか

生まれてから1歳ぐらいまでの成長期の猫は、人の10倍の速さで成長すると言われています。この間は、たくさんエネルギーが必要です。生後2ヶ月では成猫の4倍のカロリーが必要で、生後6ヶ月でも1.3倍のカロリーが必要です。つまり、子猫には高カロリーのキャットフードが必要です。

では、高カロリーであれば成猫用のキャットフードでも良いかと言うとそうではありません。成長期の猫には、必須アミノ酸やカルシウムなど子猫の成長に欠かせない栄養素や抵抗力を高めるための栄養素が不可欠です。子猫用のキャットフードは、高タンパクで栄養がバランス良く配合されています。成長期には、必ず子猫用のキャットフードを与えるようにしましょう。

成長期の1歳ぐらいを経過すると、体の成長も止まります。必要なエネルギーの量も少なくなります。1歳からは成猫用のキャットフードに切り替えるようにします。

キャットフードの切り替えは、1週間ぐらいをかけて少しずつ切り替えるようにします。
子猫の時は、消化器官が未熟なため、食事の回数は3回~5回に分けて与えるのが一般的です。

成猫用のキャットフードに切り替える際は、1回~3回に減らすようにします。これは食べすぎを防ぐ効果もあります。1歳過ぎても子猫用のキャットフードを与えているとカロリーオーバーになり肥満の原因にもなります。肥満は、ネコちゃんの健康を害する要因になります。様々な病気を引き起こすリスクも高まるので、栄養の与えすぎには注意しましょう。

キャットフードの切り替えが終わってもしばらくの間は、体重をチェックするようにしましょう。少なくとも週に1回は体重を測定して下さい。体重の増減に合わせてキャットフードの量や回数を変えることも必要です。体重が減少する場合は、「おやつ」などを与えて栄養を加える方法もあります。

愛猫にキャットフードを与える場合、回数などを意識しないで、お皿に入れたままにしている人も多いはずです。ネコちゃんは、犬のように必要以上にガツガツ食べることはしません。キャットフードをそのまま置いておいても問題はありませんが、体調管理などきちんと把握するためにも、回数を決めて与えることがオススメです。

© 2018