キャットフードの原材料(肉粉・ミートミール)

キャットフードの原材料の欄を見ると、「ミートミール」と記載されているものが少なくありません。肉のイメージはありますが、実際にはどうようなものなのか判断しづらいですね。

アメリカ飼料検査官協会(AAFCO)では、ミートミールを以下のように定義しています。

「血液、毛、ひづめ、角、くず皮、糞、胃、ルーメン(ただし、含有物を除く)部分を精製したもの(脂肪を除いたもの)。カルシウムの含有量がリンの2.2倍を超えていないもの。ペプシン(胃液に含まれる消化酵素)で消化できない残留物が12%以下で、また精製されたものの中の、ペプシンで消化できない粗たんぱく質が9%以下であること」

このような部位を使っていると聞くと「ギョッ」とするかもしれませんが、野生の猫は、ネズミなどの小動物を丸ごと食べていました。人でも魚を焼いて丸ごと食べることもあります。丸ごと食べる方がムダのない理想的な食べ方とも言えるでしょう。

人が日常食べないからといって、愛猫に良くないと結論付けるのは早計です。健康志向の強い愛猫家の方には、「ミートミール」を嫌う傾向があります。それは、ミートミールに使われる肉が、死んだ動物や病気の動物、死にかけた動物や障害のある動物の肉を使用している可能性があるからです。廃棄されるべき危険な肉が使われている危険性があるので、「ミートミール」が原材料のキャットフードは嫌われてしまうのです。

しかし、実際にはその可能性は大きいとは言えません。肉粉・ミートミールの製造は独立法人農林水産消費安全技術センターが基準を満たしていると判断した工場でしか生産できません。また、ペットフード安全法では、全ての段階で追跡調査が可能なので、粗悪な材料が含まれる可能性は少ないと言えます。

但し、安すぎるキャットフードには注意が必要です。粗悪な材料で格安になっている場合があるので、原材料が「ミートミール」と記載されたキャットフードは避けた方が無難でしょう。

「ミートミール」と同じような表現では、「チキンミール」や「サーモンミール」がありますが、これらは原材料が明確なので、「ミートミール」とは区別して考えた方が良いでしょう。

しかし、ミートミールだけでは栄養が足りません。特に原材料の一番目にミートミールが記載されているようなキャットフードはオススメできません。一番目が穀類で二番目がミートミールでも良くありません。一番目が鶏肉やターキーなどの動物性タンパク質で、その後にミートミールが表示されているキャットフードがベストです。

© 2018