キャットフードの種類は変えても大丈夫か

キャットフードには、大きくドライタイプとウェットタイプがあります。ドライタイプは、総合栄養食で栄養がバランス良く配合されているので、水とドライタイプのキャットフードだけを与えていれば問題はありません。しかし、ネコちゃんはわがままです。違う味の食べ物を覚えたら、色々な味の食べ物があると期待して、わがままを発揮します。ドライタイプのキャットフードは、匂いも食べ応えもあるので、ネコちゃんには「ご馳走」です。しかし、多くのウェットタイプは「一般食」なので、栄養のバランスは良くありません。食べ過ぎると肥満の原因にもあるので、注意が必要です。

キャットフードをドライタイプからウェットタイプに変えるのは、主食を「おやつ」にするのと同じです。オススメではありません。

ドライフードでも、病気の治療などで変えなければならない場合もあります。また、今食べているキャットフードの質が悪く、新しいキャットフードに変えたい場合もあるでしょう。

キャットフードを切り替える時は、いきなり変えるのは良くありません。ネコちゃんは敏感な動物ですから、急な変化はストレスにもなり消化器官にも悪い影響を与えてしまいます。

キャットフードを切り替える場合は、極力同じメーカーのものを選ぶようにするのがベストです。猫は敏感な生き物なので、味や食感などが違うと食べないことが少なくありません。メーカーが同じだと違和感も少なくなりますので、品質に問題がなければ同じメーカーのものを選ぶのが得策です。

そして切り替えは、徐々におこないます。今までのドライフードに、最初は少し混ぜて与えます。そして、少しずつ新しいキャットフードの比率を増やしていきます。新しいキャットフードは原材料や成分が異なるので、食いつきが悪くなったり、便が柔らかくなることがあります。このような時は、すぐに別のキャットフードに変えないで、しばらく様子を見て下さい。

お気に入りのキャットフードが毎日の食事であることが理想ですが、キャットフードを変えなければならない時もあります。愛猫の様子を観察しながら上手に切り替えることが大切ですね。

© 2018