キャットフードを選ぶときはカロリーもチェックする

愛猫のキャットフードでは、栄養バランスの良いドライタイプのものをメインにするのが一般的です。総合栄養食であれば、水とキャットフードだけで十分に健康維持はできます。しかし、同じドライフードを食べていても食欲旺盛のネコちゃんは食べ過ぎて肥満になる危険性もあります。人も同じですが、「カロリーオーバー」には注意が必要です。

猫が1日に必要なカロリー量は、年齢によってことなります。成長期のネコちゃんは、体重1kgあたり生後2、3ヶ月で100kcal~200kcal、生後6ヶ月では400kcalと最も多くなっています。この頃は、消化器官も未発達なので1回の食事量は少なくして回数を多くするようにします。また、高カロリーの子猫用のキャットフードを与えるのがベストです。

成猫の場合は、1日の摂取カロリーは、体重1kgあたり70kcal~80kcalが目安です。キャットフードのパッケージには、カロリーや1日の給餌量の目安が記載されています。これを参考に与えるのも良いでしょう。

成猫の場合、1日の給餌量は、愛猫の体重×70kg ÷キャットフードのカロリーで算出できます。例えば、体重5kgのネコちゃんでは、5kg×70kg=400kalで、キャットフードに100gあたり350kcalと表示されていれば、1Kcalが約0.28gになるので、400kcal×0.28g=112gになります。つまり、1日112gを与えれば良いのです。成猫は、1日3回ぐらいに分けて与えるのが良いので、1回あたり112g÷3回で、約38gになります。

7歳過ぎの老猫になると運動量も少なくなるので、1日に必要なカロリーも小さくなります。40kcal~50kcalが目安になります。体重4kgの猫でも、成猫が400kcalに対して老猫は、160kcal~200kcalと半分ぐらいに減少します。

カロリーで注意したいのは、肥満です。特に老猫の場合食欲が安心していると気がつくと肥満猫になったというケースも少なくありません。

肥満猫ちゃんの場合は、1回で食べる量が多い傾向があるので、回数を減らすようにするのが良いでしょう。また、キャットフードに含まれている炭水化物の量も肥満の要因になります。炭水化物の量はパッケージに記載されていないので、記載されている水分・タンパク質・脂肪・灰分の%を合計して、100%から引くとその%が炭水化物になります。炭水化物の%が多いものは避けるようにしましょう。

愛猫の健康維持のために、適切なカロリーコントロールは意識したいものですね。

© 2018