キャットフードに含まれている糖質の量

糖質は炭水化物の主な成分で、人にとっては重要なエネルギー源です。体内でブドウ糖に分解されて脳や神経、筋肉や血液には不可欠なものです。しかし、猫にとっては少し事情が異なります。

人や犬は、「雑食」です。雑食と言うと、肉や魚、野菜など色々なものを食べるイメージですが、実は、穀物や食物由来の栄養素だけでも生きていけるという意味でもあります。つまり、あえて肉を食べなくても問題はないのです。菜食主義の人が生きていけるのは、人が雑食だからです。

一方、猫は「肉食」です。野生の猫は、ネズミなどの小動物や小鳥、トカゲなどを獲物にしていました。生きていく上では「動物性タンパク質」が不可欠なのです。このような獲物に含まれる糖質は10%以下です。このような食性のため、猫は糖質の消化吸収の能力は高くありません。

キャットフードのパッケージを見ても、炭水化物や糖質に関しては記載されていません。アメリカ飼料検査官協会にも炭水化物の基準が示されていないので、猫には必要性の少ない栄養素として考えられているようです。

但し、炭水化物に含まれている食物繊維は、腸内環境を整える働きがあるので、「毛玉ケア」と書かれているキャットフードには食物繊維が含まれています。

糖質が多いと消化機能に負担がかかるので注意が必要です。糖質の量はキャットフードには記載されていませんが、計算することは可能です。

まず、糖質以外の「水分(%)」「タンパク質(%)」「脂質(%)」「灰分(%)」を合計します。これを100%から引けば、糖質の%が分かります。食物繊維が記載されていれば、それも引いて下さい。

愛猫の健康のためには、猫の体の特徴を理解することが大切です。人と生活していても犬のように雑食ではありません。食べるからと言って人と同じ物を与えるのは良くありません。「猫は肉食」という基本を頭に入れて、ネコちゃんの健康のために良いキャットフードを選ぶようにしましょう。

© 2018